趣味の達人。オリジナルの狂人。アレンジの変人。アクアリウムのzinさんをご紹介。

先日、とある方との出会いがきっかけで「ネイチャーアクアリウム」というものを知った。

色々な話を聞きながら、実際にその方のコレクションを見せて頂いた。

目の前で生で見た水槽の素晴らしい世界観に引き込まれ、圧巻のクオリティーに度肝を抜かされた。

今日はそんな話。

zinさん

「ネイチャーアクアリウム」という存在を俺に教えてくれたのは、「zinさん」という人なんだけどね。

うちのお店がopenしてすぐに来てくれて、そこからの付き合いなんだけど。

「zinさん」は多趣味で、しかも自分が「好き」だと思った事はとことんやる人。

「ネイチャーアクアリウム」ってのもzinさんに初めて教えてもらったんだけど、実際に観に行くとそのクオリティーは凄くて。

とにかくこだわるんだよね。

水槽のガラスや、器具なども特注で作っちゃったり、自宅の床下に潜り込んで水槽が水の重さに耐えられるように自分で土台を作っちゃったり。

「まずは小さいものから。。」なんて中途半端なやり方ではなく、最初からBIGなサイズに手を出して、妥協せずに徹底して作り込んでいく。

ただの素人から、独学で勉強してその道のスペシャリストになっちゃうんだ。

その証がこれでさ。

アクアライフ

「アクアライフ」っていうアクアリウム界では有名な雑誌なんだけど。

その中でzinさんの水槽が特集を組まれてたり、表紙に載ってたり。

ちなみに上の表紙はzinさんのお家の水槽なんだ。

アクアライフ

こんな感じでバーンと載っててさ。

特集だとこんな感じ。

アクアライフ

凄いよね。

過去には雑誌の企画で「ルー大柴」さんと一緒に川に生物を取りに行った事もあるらしいよ。。笑

そんなこんなでインスタのフォロワーは8000人を超えてるような有名なお方なのです。。笑

アレンジ

アクアリウム、zin、ネイチャー

zinさんと話してて面白いなと思うのは、最初は興味を持ち始めて徹底して作り込んで自分が思う最高の世界観を作り出すんだよね。

でも、それに飽きると躊躇なくぶっ壊す。。笑

物凄く大変な思いをして、時間もかけて作り上げたものをあっさりと0にする。

「そうじゃないと新しい物は作れないでしょ。」

ってzinさんは言うんだけど、これが本当に凄いよね。

俺も、似たようなところがあるからその感覚がなんとなくわかるんだけど。。笑

さらに、ネイチャーアクアリウムであってもいわゆる「王道」と言われるようなスタイルがあって。

最初はzinさんもそれで始めるんだけど、そこから自分なりにオリジナルのエッセンスをギュッと詰め込んでいく。

「人と同じじゃつまらない。」ってのがモットーで、自分の好み、手入れのしやすさなどを頭に入れながら効率よく効果的、かつ魅力的なクオリティーで、今までに無いジャンルの水槽を確立させてしまう。

それが「こんなの観た事ない!!」と、インスタなどでウケてファンができていく。

好きな事を楽しみながら一生懸命やっていきながら、オリジナルの世界観を確立させていくスタイルが俺は凄い好きだな。

そんなzinさんのブログがここから見れるから是非!!

ここ何年かは「ヤドクガエル」と言うカエルにも夢中で、その水槽へのこだわりも半端じゃない。

水槽、カエル

ヤドクガエル、水槽

ヤドクガエル、水槽

カラフルで本当に美しい。

なんでこんな模様になるんだろう。

この「ヤドクガエル」はブラジルのアマゾンに生息する本来は猛毒のカエル。

人間でも体内に入れば即死レベルの致死量である猛毒。

アマゾンで暮らしている先住民の人たちは、この「ヤドクガエル」の背中にある毒を採取して矢の先に塗り、その矢を獲物となる動物に放ち、殺していたことから「ヤドクガエル」と言うんだとか。。

日本で出回っていたり、zinさんが飼育しているヤドクガエルは毒は一切無いのでご安心を。。笑

BAR

まぁ、そんなzinさんともうちの「語りBAR」で色々面白いことを話してるから、是非時間があれば見てみて下さい。

常々いつもいつも毎度思うけど、凄い人って自分の周りだけでもたくさんいてさ。

売れてようが、売れてなかろうが。

世に出ていようが、出てなかろうが。

素晴らしい人たちってのはそこら中にいるもんで。

俺はこれからもそういう人たちと繋がっていたいし、「もっともっと知ってもらいたい!」って思いもどこかにある。

それぞれの出会いに感謝の日々なんだ。

ありがとう。

 

ちなみに「ネイチャーアクアリウム」は関東近辺だとスカイツリーの中にある「すみだ水族館」にて、特大の水槽がいくつも並んでいて、その素晴らしい世界観を体感できるので興味がある人は是非一度足を運んでみるといいよ^^

「すみだ水族館」の事は詳しくこちらに書いてあるので見てみて下さい。

 

life is freedom…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です