選手全員が背番号「9」。千葉ロッテマリーンズ「福浦和也選手」の引退試合について語る。


ふとテレビを見ていると、千葉ロッテマリーンズの「福浦和也」選手の引退試合の模様が流れていた。

完全にサッカー好きな俺ではあるが、野球も嫌いではない。

ニュース等でやっていれば見るし、Yahoo!ニュースなどでも野球ネタのニュースもよく見てる。

野球好きなお客さんとも野球の話をしたりもする中で、教えてもらえることもたくさんある。

そこで今回、たまたま見ていたニュースで流れていたのが「福浦選手」の引退試合だった。

背番号

テレビを見ていてすぐに目についたのが「背番号」だった。

その日は福浦選手の引退試合。

千葉ロッテ一筋26年のレジェンドに敬意を評し、監督、コーチ、選手全員が背番号「9」を背に、熱い試合を繰り広げる。

そして選手たちが整列してみると、全員が同じ背番号である。

「えっ?なにこれ?凄い。。野球って全員が同じ背番号でもいいんだ。。」

率直にそう思った。

サッカーであればNGだし、単純に選手交代とか大変そう。。なんて思ったりしながらも映像を見ていた。

ルール

そこで気になったのが、「野球のルール」だ。

プロ野球のチームが公式戦で同じ背番号をつけて試合をしているのだから、ダメな訳がないとは思うんだけど「選手全員が同じって凄いな。。」と率直に思った。

しかも監督・コーチまで。。

色々と調べてみると、どうやら野球にはユニフォームにまつわる「公認野球規約」という規約はあってそれが以下の通り。

  • 同一チームの各プレーヤーは、同色、同形、同意匠のユニフォームを着用。
  • 自チームの他のプレーヤーと異なるユニフォームを着たプレーヤーは試合には参加できない。
  • アンダーシャツの外から見える部分は、同一チームの各プレーヤー全員が同じ色でなければならない。

と、ある。

まぁ、要はチームのみんなは「同じユニフォーム」を着る事というのが大前提で、他のチームのユニフォームはもちろん、マークや色、異なるデザインのものは認められない。

同一

そして背番号についての規約はこうある。

  • ユニフォームには6インチ(15.2センチ)以上の大きさの背番号をつけなければならない。
  • 名前をつけることが決定した場合は、チーム全員のユニフォームにつけなければならない。

さらに、禁止されているルールはこんな感じ。

  • ユニフォームには野球用ボールを型取ったり、連想させるような模様をつけてはならない。
  • ガラスのボタンやピカピカした金属をユニフォームに付けることはできない。
  • 各自の両袖の長さはほぼ同一にしなければならない。

などといった具合。

「監督、選手、コーチが同じ背番号で試合に出てはならない。」

といったルールはどこにもなく、むしろアメリカなどでも特別な試合がある時には全員が同じ背番号で試合をするということはあるそうだ。

千葉一筋

「面白いなー。」なんて思いながら、そこまで凄いレベルの選手なんだなとも思い。

名前は聞いた事があるけど、詳しくは知らなかったし、うちのお客さんにも千葉ロッテファンの方がいるので、せっかくのなので少しだけ「福浦和也」選手も調べさてもらった。

千葉ロッテマリーンズのレジェンド「福浦和也」。

出身:千葉県習志野市。

中学・高校次第はピッチャーを務め、4番でエースとして活躍。

ドラフト7位指名で投手として「千葉ロッテマリーンズ」に入団。

入団後すぐに肩を壊し、投手から打者へと転向。

背番号は「70」から始まり1998年から現在の「9」を背負い続けた。

プロ25年目にして2000本安打を達成し、2000本ちょうどで引退というのは史上初だそうだ。

「幕張の安打製造機」との異名を持ち、球団史上三人目となる「2000本」安打達成者

まとめ

これは完全に俺の印象でしかないけど、「福浦選手」という人は、センスの塊であり努力の人だなと。

学生時代はピッチャーで結果を出し、プロになってからは野手・打撃で結果を出し続ける。

そして25年間プロ野球選手であり続けるというのは並大抵のレベルではない。

素直で愛嬌のあるキャラクターからチームメイトやファンからも愛され、生まれも育ちも千葉であるという生き様を貫くあたりがきっと人を惹きつけるんだなー。

なんて、見ていて思ったのであります。

「福浦選手お疲れ様でした。」

 

life is freedom…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です