シマリスの家を作ってみてから3ヶ月。楽しそうにしている姿に感謝と安心の日々。


我が美容室にて。

「シマリス」を飼うなんてことを思いついて。。

(詳しい内容は別記事で書いてあるんでそちらを見てくださいね。)

どうせ飼うなら立派なお家を作ろうぜ!!って事で動き始めたはいいものの。

いざ「シマリスの家」を作るとは言っても。

何からどうしていいのかもわからず。

ネットで探してみても俺がイメージするオブジェになれるような小屋は無くて、どうしたもんかと悩んでいた日々。

大きさだけは決めて、なんとなくのイメージで内装を考えては見たものの、如何せんシマリスなんて飼ったこともないし。

よくよく考えてみたら動いてるところもまともに見たことない。。

じゃあ、ちょっとお勉強に行こうって事で、埼玉にある「リスの家」に社会科見学に行き。

さいたま市、リスの家

さいたま市、リスの家

さいたま市、リスの家

さいたま市、リスの家

お勉強も済ませたところで、「自分がリスだったら」っていう謎の目線で小屋の内装を作っていき。。笑

と、まぁ、そこまでは過去のブログで話したと思うんだけど。

今日はそんなシマリス「半次郎」のお迎えから3ヶ月が経過して、出来上がった「半次郎の家」での生活にも抜群に慣れて、毎日遊びまわっている日々の話を少し。

HOME

半次郎の家が出来上がってから、半次郎を迎え入れるまでに7ヶ月という期間を待ち続け。。

まぁ、単にシマリスは4〜5月にしか手に入らないという事実を知ったのが、小屋を作り終えてからだったってだけなんですけど。。笑

それはそれは首をなが〜くして待って、ようやくお迎え。

シマリス、半次郎

最初は透明な小さいケースでの飼育。

赤ちゃんの時は体温調整がうまくできないから、ヒーターを下に敷いて常に温度を一定に保ってあげないといけないからね。

シマリス、半次郎

そんな生活が三週間ぐらい続いて、その頃にはもう外に出たくてしょうがないから近づいただけでバタバタ暴れ出す。。笑

そして、ようやく頑張って作った「半次郎の家」へ。

リスの小屋、手作り

最初こそ色々勝手がわからないから、辺りの様子を伺いながらビビってたけど。

それが3ヶ月経つとどうでしょう。

シマリス、半次郎

シマリス、半次郎

もう完全にHOMEです。。笑

安心

我が家化した手作りハウスは本当の意味で「半次郎の家」になった。

シマリス、小屋、手作り、ハンドメイド

思い描いたように動き回ってくれて、本当に嬉しい限りなんだけど。

それでも足りないところや、他にもあれがあったほうがいいなー。なんて思ったものは後から付け足したりしながら、徐々に半次郎が住みやすい環境に仕上げていって。

動線を作ってあげるのもそうだし、寝る場所や休憩する場所なんかも設置したりだとか、やっぱり相手は生き物だし考えることは凄く多かったんだけど、結果的には快適そうに暮らしてくれてる姿を見てると頑張って作った甲斐があったね。

イメージ

それには間違いなくあの「リスの家」で座り込んだ2時間が大きく影響してて、最高の社会科見学になったんだよね。

まずは相手を知るべし。

ってことで、リアルのシマリスを見た事は半次郎の家を作る上で絶対に必要な情報だった。

まぁ、2時間ぐらいはかかるけどたまたま車で行ける場所にああいった施設があってくれて本当に助かったなー。

もし、シマリスの家を作りたいって人がいたら、まずはそうやって見学に行ける場所があれば是非とも行くことをオススメします。

そうだ!シマリスを飼おう編はこちらへ。

 

life is freedom…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です