「世界一のクラゲ水族館」って知ってます?山形県鶴岡市にある「加茂水族館」に行ってみよう。


「世界一のクラゲ水族館」って知ってます?

最近テレビとかでも話題だから、「聞いた事ある!!」とか「行ってみたい!!」と思っている人も多いはず。

俺の場合は「情熱大陸」を見て初めて知って、「行きたい!!」と思ってGOしてきたわけだけど。

じゃあ実際に「何が世界一なの?」って話から、実際に行ってみてどうだったかを話したいと思います。

廃館の危機

加茂水族館、クラゲ

山形県鶴岡市の日本海側に面した海沿いに位置する水族館。

正式名称は「加茂水族館」

加茂水族館、クラゲ

少し前の2015年3月までは「村上龍男」さんという方が館長を務め、その館長在任期間は45年となり、認可はされてはいないが、その長さは事実上今現在のギネス記録となる。

在任期間中は色々な事情が重なり、一時は年間入場者数が9万人を切ろうかというギリギリの状態。

これ以上お客さんが来なければ閉館という瀬戸際にまで追い詰められ、本当に辛い日々を送っていたある日。

クラゲ

加茂水族館、クラゲ

何気なく置いていたサンゴ礁の水槽に、白い泡のような生き物が発生しているのをスタッフが発見。

その後餌をやり続け、3センチ弱の「サカサクラゲ」というクラゲに育つ。

「だったら展示してみるか。」と、水族館内で早速展示。

すると、お客さんがクラゲの水槽の前で歓声をあげたのだ。

それからは水族館前の海でたくさんのクラゲを捕獲。

飼育に挑戦するも、ことごとく失敗。

やればやるほど「クラゲの繁殖」の難しさと向き合っていく事になる。

V字回復

それでも、できる事を実践しながら創意工夫を繰り返し。

翌年には5種類のクラゲの展示に成功。

当時まだ「クラゲの展示」というのが珍しかった事もあり、年間の来館者数が2000人UP

どん底の状態から少し光が見え始め、館長の村上さんは「うちの未来はクラゲにしかない!」と腹をくくり、そのさらに2年後には12種類のクラゲを展示して、「日本一のクラゲ水族館」となる。

それが現在では60種のクラゲを展示し、「展示数ギネス世界記録」を認定。

一時は9万人を割ろうかという入館者数も年間72万人にまで増えるという大盛況ぶり。

見事に大復活を遂げるのである。

飼育・繁殖

クラゲ、加茂水族館

クラゲの繁殖・飼育は非常に難しく。

いまだに謎に包まれている事ばかりなのが現実。

種類によっては水槽の寸法の違いで飼育できるものもあれば、で同じ水槽だと死んでしまう種類がいたり。

当時からクラゲ部門を一番に引っ張ってきた「奥泉和也」さんが村上さんの後を引き継ぎ、館長に就任。

俺が見た「情熱大陸」に出演していたのはこの「クラゲのスペシャリスト」の奥泉さんだった。

奥泉さんは様々なクラゲの繁殖・飼育に成功し、世界中の水族館から「クラゲを展示したいから教えてくれ!」と引っ張りだこ。

自身も世界中の海を渡り歩いては、色々な場所でクラゲを探し続けている。

アクセス

正直、どこから行こうにもアクセスのしにくい場所に位置する加茂水族館。

行き方をザッとまとめると以下になる。

「飛行機」

  • 羽田空港〜庄内空港・・・約1時間

しかし、庄内空港から水族館までの直通の交通機関はなく、タクシーorレンタカーを使用して直で行くか、バスを利用する場合は一度「鶴岡駅」まで出る必要がある。

「JR」

  • JR東京駅〜JR鶴岡駅・・・約4時間
  • JR新潟駅〜JR鶴岡駅・・・約2時間

「車」

  • 山形市より 約100km・約2時間(有料道路優先)
  • 秋田市より 約130km・約3時間(一般道路優先)
  • 新潟市より 約140km・約3時間(有料道路優先)
  • 仙台市より 約160km・約2時間30分(有料道路優先)
  • 東京都より 約480km・約6時間30分(有料道路優先)

「最寄りIC」

  • 山形自動車道 鶴岡ICより約15分
  • 日本海東北自動車道 鶴岡西ICより25分

「バス」

  • 庄内交通路線バス 湯野浜温泉行き(加茂経由):JR鶴岡駅より30〜35分「加茂水族館」下車すぐ目の前

「タクシー」

  • JR鶴岡駅より約30分
  • 庄内空港より約20分

まとめ

加茂水族館、クラゲ

実際に「加茂水族館」に行ってみると、その情熱を感じることができる。

たくさんの水槽にクラゲが展示されていて、クライマックスには5メートルの巨大水槽が登場。

中には1万引きのクラゲがライトアップされながら悠々と漂っている。

これには圧巻だ。

それとここにはクラゲしかいないのではなく、他にも色々な魚や、アザラシなどもいて、規模は小さいが連日ショーなども行なっている。

機会があれば、是非一度訪れてみることをオススメします^^

 

実際に訪れてみた感想はこちらからどうぞ^^

 

life is freedom…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です