島田紳助と松本人志。圧倒的な才能と努力。二人の天才の魅力を語る。


島田紳助と松本人志。

今は引退した島田紳助。

今もトップを走り続ける松本人志。

当時のお笑い界を牽引していた二人。

タイプの違うカリスマ二人。

この二人が俺は大好きで。

当時物凄く影響を受けたこの二人のことを喋らせてほしい。

二人の出会い

当時、漫才コンビ「紳竜」というリーゼントにつなぎ衣装で、「ツッパリ漫才」という型破りなコンビで一世を風靡していた紳助。

その紳助に憧れて芸人になると決め、吉本に入った松本人志

この二人は不思議な縁で急接近して行くこととなる。

NSCという吉本の養成所が開所したその年、松本人志は幼馴染である浜田雅功と共に入所する。

ダウンタウンの誕生である。

そんなNSCに、人気絶頂時の紳助・明石家さんま・オール巨人

この3人がそれぞれ講義に訪れ、彼らの前で入所者全員が漫才を披露。

その時、裏でその3人が話した時の話。

紳助「どうやった?」

オール巨人「1組だけおったわ。おもろいの。」

さんま「俺もや。1組おった。」

紳助「やっぱそうやろ?」

何を隠そう、そのコンビがダウンタウンである。

これが島田紳助と松本人志の初対面となる。

テンポ

その後、紳助はダウンタウンに声をかけた。

お前ら、その漫才でいけると思ってんの?

との問いに。

はい、いけます。

ダウンタウンの二人は答えた。

紳助の質問は意地悪でも、変な意味でもなく。

なぜ、この質問かの意図はちゃんとある。

それまでの漫才は言うなれば16ビート

テンポの速い漫才が主流であった。

紳竜はまさに高速漫才で世に出て、紳助がその8割をひたすら喋る。

そんな時に出てきたダウンタウンはといえば。

スローテンポな8ビート

ゆる〜いペースから繰り出される松本のキレのあるボケの漫才。

だから紳助は聞いたのだ。

その漫才でいけると思ってんの?」と。

解散

紳助は当時から思っていた。

紳竜の漫才は持って5年

5年でこの漫才にお茶の間は飽きる

そんな時に出てきたダウンタウンを見て。

勝てない」と思った。

勝てない勝負はしない」のが紳助の哲学。

紳竜を解散する時、漫才の限界を感じ「最後の3年は惰性やった」と言い。

なぜ解散するのかとの問いに「ダウンタウンには勝てない」と語り、当時無名のダウンタウンを絶賛し、「俺らの時代は終わった」と言って解散する。

先見の明

売れない時代、「お笑いは誰も教えてくれない」との思いから。

お笑い教科書」なるものを作り、独自で先輩たちの漫才を分析。

テンポ、喋りの間、オチの付けどころ

それらにパターンがある事を導き出し、何故皆が笑うのかを研究する。

そうして作り上げたのが「ツッパリ漫才」。

革命的なスタイルで新しい漫才の形を作り出し、漫才ブームを牽引。

若手を世に出すためにM1グランプリを作り、審査員に松本人志を迎える。

お笑いでは成功したけど、他ではどうなんだ?との思いから。

飲食店等の経営からオーナーまでを務め、2011年に芸能界を引退する。

終わりに

昔、「松本紳助」という番組があって。

今だに俺はそれをyoutubeで見たり、ラジオのように流したりして聞いている。

下ネタトークもかなりあるけど、男なら共感できる部分もかなりあるはず。

二人が繰り出す天才的な面白さやセンスが垣間見える。

本当に勉強になることが多く、次回はそこにも触れたいなーと思う。

life is freedom…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です