他人の土俵で勝負をするか。自分の土俵で勝負をするか。その判断を早めに下そう。

もしも、今。

やりたい事があるなら。

早めにやった方がいいと俺は思う。

人によっては。

タイミングや。

その時の状況、環境など。

すぐには動けない人たちもいるかもしれないが。

そして、その事を言うと。

「いやいや、関係ない。いいから早くやりなさい。」

と、いう人もいるかもしれない。

ただ、人によっては自分の置かれた環境や状況というのは本当に違う。

無謀

極端な話。

例えば今の所持金が全財産で30円しかないのに「明日アメリカに行きたい!」と思っても、現実的には難しい。

その状況で「いいから行け!」なんて言っても厳しい。

方法が無い訳では無いと思う。

クラウドファンディングや銀行の融資、友達からお金をかき集めて借りる。

あらゆる手を使って明日アメリカに行く。

これができるなら何も問題はない。

でも、恐らく99%の人はそこまでの事はできない。

それに向けた準備をしてから後日アメリカに行くだろう。

土俵

何が言いたいかと言うと、自分の人生を早めに生きようという事。

まぁ、どんな人生でも自分の人生であることは変わりない。

ただ、どこの土俵の上で生きているか。

誰の土俵で戦っているのか。

これが大切だと思う。

誰が作った土俵の上にいるのか。

例えば、会社員であれば会社を作った人の土俵の上で戦っている。

自分で事業をしているのであれば大方の人は自分で土俵を作っている。

目的

自分がどこに身をおきたいのかがはっきりしている人は強い。

それがわかっているなら早めに動いた方がいい。

「明日、アメリカに行け!」とは言わないが、行くための準備は今からでもできる。

どんな理由であれ明確な理由があるならそこに向かえばいい。

自分の土俵なんて作りたくないなんて人も、どこの土俵の上に立ちたいかを早めに決めておくことだ。

一番良くないのは、自分の土俵を作りたいのに他人の土俵の上で戦う事。

きっと色々なストレスがある。

そこでの学びもあるだろうけど、今からできる準備を始めよう。

目標や目的を見据えて。

そこから自分の立ち位置を逆算する。

そして今日できる事を、今からやろう。

理想の土俵の上に立とう。

 

life is freedom…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です