自由人・高橋歩。作家に起業家。夢を実現させるパワーに圧倒された21歳衝撃の夜。


あれは約12、3年前。

夜中、何気なくテレビを見てた。

15インチのブラウン管テレビに映し出されたその人に。

俺は衝撃を受けた。

こんな人がいるのかと。

同時に、大切な何かを思い出させてもらった気がした。

初めての衝撃

時が止まったかのように。

ピタリとも離れず俺はテレビに噛り付いていた。

その人が放つ言葉、今までの経歴。

どれを見てもマジで衝撃。

R30

確かそんな名前の番組。

TOKIOの国分太一V6の井ノ原快彦

この二人が司会で、世の30代の人々をクローズアップする。

そんな番組だったと思う。

瞬きができず、頭には何か突き刺さり、心が揺れる。

歩さんがよく言う「脳みそスパーク」。

テレビの前で俺は雷に打たれ、スパークしていた。

バイブル

それから俺の人生はある意味変わった。

当時、20、21歳ぐらいだったと思う。

その当時は、サロンで働いて美容師を志しながらも、

何か自分にしかできない事はないだろうかと。

オリジナル」をいつも探してた。

そんな時に歩さんの存在を知り。

少年時代の学校での記憶が沸々と思い出され。

俺は「これだ!!」と思った。

次の日には本屋へ行き、歩さん関連の本を買いあさり。

片っ端から全部読んだ。

マジやべー。。。超熱い。。。

心のど真ん中を打ち抜かれた。

生き様

アメリカ-道路

大学を中退し、20歳の時アメリカンバーを仲間4人でオープン。

2年で4店舗に増やしたかと思えば、会社を仲間に譲り自伝を出すためにサンクチュアリ出版を設立

出す本全てが鳴かず飛ばずで、莫大な借金を背負いながらようやく出した自伝「毎日が冒険」がベストセラー。

そうかと思えばまたその出版社を仲間に譲り、奥さんと無期限世界一周新婚旅行に。

帰国後に沖縄に移住し、自給自足のビレッジを主宰

8年がかりでビレッジを軌道に乗せ、同時にインドのバラナシゲストハウス兼学校を設立。

家族4人キャンピングカーで再び世界一周に出かける。

東日本大震災にて一時帰国、「オンザロード」というNPO法人を立ち上げ全国からボランティアを受け入れ活動。

現在は複数の会社の代表取締役、家族4人でハワイへ移住

どん底から頂点を何度も味わい、その背中から放たれるオーラに俺は引き込まれた。

影響力

その後の影響力ってのはまぁ凄かった。

その時は、今すぐに俺も!!ってのは無理だったけど。

いつも心の中にいるっていうか。

本当バイブル

こんな人になりたいって素直に思えた。

世界中で本も販売されて、それぞれの国でもトークライブをやったりしてて。

いろんな場所に歩さんファンはたくさんいて。

この人に影響を受けた人は数知れずだと思うんだけど、間違いなく俺もその一人。

最後に

あの時の真夜中のテレビ。

そこで歩さんに出会えた事で、俺の人生に最高のスパイスが交わり、生きてく中での絶妙なエッセンスになった。

そんな歩さんとも実際に会いに行って何度か話した事もあって。

いまだに心に刺さってる言葉がたくさんあるんだ。

その時の忘れられないエピソードなんかもまた後日書くね。

life is freedom…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です