ビフォー・アフター。お店ってのは5年も経つとこうも変わる。

さぁ、今日はビフォー・アフターって事で。

5年経って果たしてどう変わったのかってとこを書いていくね。

前に、スケルトンの何も無い状態から工事が始まって、その時の内装工事の様子を書いてるから、是非その記事と比べてみてほしい。

まだ見てない人はここからどうぞ。

出来上がり

内装工事も終わり、あるべき物があるべき場所へと配置され。

後は自分でディスプレイなどを考え、店内にたくさんのトッピングをしていく。

もうこの時はオープン前でバタバタしてるのもあるけど、毎日が楽しくて仕方ない。

誰に気を使うわけでもなく、自分が置きたいと思った物や、飾りたいと思った物をお店の好きな場所に思ったように置いていく。

俺の場合は60インチのテレビを壁に引っ付けてサッカーの映像を流したりとか。

好きな音楽をかけて、好きな本を置いて、好きな映像を流す。

そんな日々の中でお客さんと笑いながら、気付くと交わり合っている。

オープンする前に思い描いていた環境が目の前に整った訳だ。

ビフォー

そしてオープン直前の時がこんな感じ。

フリーダム、店内

内装

内装、カウンター

この頃は、ちょこちょこ物が置いてあるぐらいで、壁も何も貼ってなくてキレイだね。

今見ると凄く懐かしい。

アフター

そんでもって。

5年も経つとこんなに変わる。。笑

フリーダム、店内

フリーダム、店内

フリーダム、店内

フリーダム、店内

いや、この変わりよう。。

何があったのって感じだよね。。笑

もはや何屋なのかもよくわからない。。

でも、これが今の「freedom」なんだ。

味付け

お店は生きてる。

よく、人が住んでる間の家は生気が宿っていて、住んでる間はなんとも思わなかった家がさ、急に誰も住まなくなって半年も放置すると、どうしちゃったの?ってぐらい空気がドヨーンとしてて、木なんかも急に痛み始めて。

って話があるじゃない?

お店も本当にそれと同じ。

5年という歳月を重ねて、いろいろなスパイスが加わり、お客さんの動線から導線を考えて。

どこに座れば何が見えるとか、少しでも飽きさせないように工夫してみたり。

なーんて考えてる風に言ってみちゃったりするけど、実際は「好きな物」を「好きな場所」に置いてるだけ。

そこには「好き」っていう「想い」が宿るんだ。

それだけは意識してるかな。

未来

そしてこれからもきっとそのスタンスは変わらずに。

少しづつ少しづつ変化を加えながら、お店を活かして生かす。

自分自身はもちろんだけど、お客さんからの頂き物だったり、いろいろなお客さんの想いだったりで出来上がってる部分も多々ある。

始めた頃の想いは忘れずに、「好きな写真や本や映像を見て、どこかで共通点を見つけ、気付くと交わり合っている。そんな毎日が続いたらきっと最高」。

この想いは今も変わってないし、これからも変わらないと思う。

そして、これからもよろしくお願いします。。笑

 

life is freedom…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です