趣味からビジネス。自分の「好き」が他人の「好き」になった時。


俺が物を作る時。

ここにはいつも明確な理由がある。

それは。

俺が欲しいから

俺が使いたいから

全てはそこにある。

今日はそんなお話。

基準は自分。

前にこのブログでも言ったように。

ライフスタイルによって欲しい物や、身につけるアイテムは変わるって話をしたと思うんだけど。

もちろん年齢やファッションスタイル、プライベートや仕事の時。

家族でのお出かけや、旅行。

身に付ける物、持ち歩く物は様々だよね。

同じように俺の物作りのスイッチが入る瞬間ってのは日常の中で気づくことが多い。

少しレンズの大きいタイプのメガネを買って、でも一緒についてきたメガネケースだとゴツくて大きいから持ち歩くのに不便。

もっとコンパクトスタイリッシュなケース無いかな?とか。

支払いなんかで少し出かける時にさ、通帳スマホだけあればいいんだけど、ポケットに入れると通帳が折れちゃうし、リュックやカバンまでの大きさはいらないしなー。とか。

そんな具合でまずは色々探してみるけど、意外とちょうどよく欲しいと思える物が無かったりする。

欲しい物があった時には買ったりもするんだけど。

無い場合は、じゃあ作るかってなるんだよね。


俺の財布

ミシン

うちのfactoryからの今1番のヒット作は「俺の財布」。

俺の財布の誕生秘話も後々話そうと思ってるんだけど。

これはまさしく「俺が使いたい」がために作られた財布だ。

カードは必要最低限、お札はマネークリップ、そして小銭。

これらができるだけコンパクトに。

そしてスタイリッシュでカッコよく。

例えば、レジでお会計をする時にレジの人が「ん?凄い財布だな。」とか「何あれ、カッコいい!

って思えるような財布を目指したんだ。

何度も改良を重ねて、ようやく出来上がった財布。

それが「俺の財布」だった。

type2

その財布を店頭に置いてみたり、ネットで販売をしてみたら物凄く反響が大きくて。

でも一応、本業は革じゃなくて髪切る方だからさ。

もちろん髪切る方がメインなんだけど、革切る方も忙しくなって。

長い時は一ヶ月以上お待たせしてからのお届けなんて事も増えてきた。

特に、クリスマスの時期とかね。

そんな風に誕生した「俺の財布」を大事な人へのプレゼントに選んでくれるのは本当に嬉しいよね。

そこから派生していったのが新しく作った「俺の財布type2」なんだけど。

この作品は、小銭ケースの部分を全部取っ払って、星のエンブレムを加えてカード入れに変えた。

よりカードを少し多めに収納できるようにして、小銭入れを別で作ったんだよね。

それらをセットで持ってもいいし、type2だけでもいい。

小銭入れも一緒に収納できるようにしてさ。

こっちのtype2もいい具合に人気が出てくれて。

MY HOBBY

そう考えると。

誰かのために作る」ってのもそれはそれでいいんだけど。

ますは自分が使いたいって物の方が意外と人には刺さるような気がしてる。

後は、さっきも言ったけど、俺の場合は本業じゃない。

これが本業なのであれば「誰かのために」をメインにしなければダメなのかもしれない。

だからうちのブランド名も「MY HOBBY」って言うんだ。

俺の趣味」だね。

そこのスタンスは崩さずに。

作りたい時に、作りたい物を。

このコンセプトは変わらない。

それを手にとってくれて、思いが伝わり。

最高です!!」って声が届いた時に。

本当にやっててよかったって思えるんだ。

もちろん髪を切っててもそれは同じ。

人から喜んでもらえた時。

そこからそれはビジネスになる。

趣味のまま留めておきたければそれでもOKだし。

そこから先どうするかは自分次第だよね。

さて、今日も最高な物作りをするぜ。

life is freedom…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です