「アメリカのモーテルに泊まってみよう。」宿の予約は無し。でもなんとかなるのがUSA。


ヨーロッパからアジア、そしてアメリカと。

色々な場所へと赴き、時に髪を切りながら旅をしてきた。

どこも素晴らしく、楽しい思い出ばかりなんだけど。

その中でも良かった場所を今「パッと思い出して」と言われたら浮かんできたのはロスの景色。

あれは本当に良かった。

そんな俺らの旅のスタイルを書いてみようと思う。

モーテル

アメリカ、LA、モーテル

俺は基本的にいつもアドリブな旅を好む。

最初から最後までをガチガチにスケジュールを組むという旅のスタイルは修学旅行以来した事がない。

アメリカに行った時もそうで、宿は取らずに行った。

理由はどこに行くかもわからないし、広い大地のアメリカでその日その日でどこにいるかもわからない。

行く先々で泊まればよくない?ってモード。

「え。。そんなの心配。。大丈夫なの?」って思った人のために一応言っておくと、アメリカには「モーテル」と呼ばれるゲストハウスがある。

ロードサイドの至る場所に点在していて、空いてれば誰でも泊まれる宿。

まぁ、日本でいうラブホみたいな感覚でそこら中にあって、でもラブホではなくちゃんとしたホテル。

場所にもよると思うけど、設備や清潔度も高く、サービスもちゃんとしてる。

だから泊まる場所には困らない。

って言いながら、俺も初めて行った時からそんな感じだったから半信半疑だったんだけど「モーテル」の存在は知ってたから、行けばなんとかなるでしょ。

ぐらいの感じで、実際全然大丈夫だから安心して行けると思うよ。

言葉

アメリカ、モーテル

本当に想像してるよりもモーテルの数は多いから、どこかしらに当たれば必ず空いてるモーテルはあるはず。

ただ、田舎に行けば行くほどもちろんモーテルの数も減るけど、宿泊する観光客や人の数も減るだろうからその辺も大丈夫。

予約なんて難しいものもいらず、実際にフロントに突っ込んでいって。

「ハロー!トゥデイ スリーピングOK?」

「ハウマッチ?」

「モーニング イートOK?」

伝えるのはこれぐらいのもんで、要は「今日寝れるのか?」「いくら?」「朝ごはんはついてる?」ぐらいを伝えておけば向こうもわかってくれるから後はカードか現金を渡せばオールOK。

なんせ俺の英語力は中学生以下だから、きっとあなたでも大丈夫。。笑

安心してください。

アドリブ

例えばロスに行ってディズニーしか行かないんだっていう旅のスタイルであればそういったツアーも存在するから、今書いたような旅のスタイルにはならないと思うんだけど。

もし、車をレンタカーで借りて行動範囲を広げてアメリカのだだっ広い大地を走り回りたい!!って人にはすごくお似合いの旅のスタイルだと思うな。

俺も実際にその旅のスタイルで、ロスからグランドキャニオンまでを走りまくった。

片道6時間はかかるし、自分の体力と相談しながらだったり、途中で寄りたい場所ができたりで時間もきっと少しづつ変わってくると思うんんだ。

それに、走りながら見る景色は素晴らしくて、きっと「ここで一夜を明かしたい!」とか「ここの夜空はキレイだな」なんて思いながら宿を決めたりもできるから是非ともオススメだね。

まぁ、良い旅になる事を願ってるよ。

グッドラック。

ちなみにアメリカでのレンタカーや、予約の取り方についてはここで少し話してるから見てみてね。

 

life is freedom…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です