何かに悩んだ時の思考。「悩み」って一体何?自分の悩みと向き合ってみて気づいた事。

よくさ、「悩む事とかあるんですか?」とか「ヘコむ事とかあんの?」みたいに言われる事があるんだけど。

毎日生きてりゃいろんな感情に支配されるのが人間。

そして俺だって人間。。笑

なんなら毎日のように朝から晩まで、何かしらで悩んでるよ。

今日はそんな話。

湧き上がる

特に俺の場合は、考えるよりも動け。

みたいな体質だから、やってみて壁にぶち当たって「じゃあどうしよっか?」って考えるタイプ。

ちゃんと後先のプランを立てて着実に進む人と比べると、俺は効率も悪くてその分悩みや壁も多いんじゃないかな?って自分では思う。

楽しいことや面白い事が続く時ってのはノリノリでいけるけど。

そんな時でも、ふと一人でぼーっとしてると湧き上がってくるものがあって。

「このままでいいんだろうか。。」

「一体どうすればいいんだろう。。」

「もっと面白くするにはどうしたらいいんだろう。。」

「あれはあのままじゃ良くないよな。。」

みたいな「悩み」ってのは切っても切れない感情だよね。

無くそうと思っても、どこからともなく湧き上がってくる。

具現化

その時の状況や環境によっても大きく変わるのが心の中身。

目には見えないから言葉にするか、紙に書くかで具現化しないとわからない部分。

誰かと共有する事で解消する事もあるし、具現化してみて改めて見えてきた事で解決する事もある。

しばらく放置してみて時間が解決って事だってあるし、例えば「明日は晴れてほしいのに雨予想。。」みたいな自分じゃどうにもならない事だってある。

俺がよくやる作業としては、一度落ち着いて自分の心から湧き上がってきた疑問や問いに対して向き合ってみる。

「一体今現在何が問題なの?」「どうすればもっと良くなる?」「あの位置にたどり着くためにはどうすればいい?」

みたいな事はある種の悩みとして常にあるし。

「なんでうまくいかないんだろう?」って疑問が出てきたとしたら、意識的に「じゃあ、うまくいくためにはどうすればいいんだろう」って事をひたすら考える。

すぐにピンときて動ける事もあれば、ずっと悶々としてる事だってあるし。

ある時突然目の前の霧が晴れたようにスッキリ解決する事もあるし、そんな時は最高に気持ちいいよね。

過去ではなく未来

でも、自分の悩みを改めて分析してみると、あまり終わった事とか過去に悩むってのは少なくて「これからどうしよう?」「どうすればもっと面白くなるかな?」みたいな未だ見ぬ未来系の悩みが多いのは事実。

そして今の自分からはゴールが凄く遠く感じる時でも「きっとそこに立てる道筋があるはず。」ってどっかで思ってるから、そこを見つけるまで諦めきれないのが正直なところなんだと思う。

まさに今の俺の状態がそんな感じなんだけど。

だから今現在は、見えないぐらいの遠い場所にある最終的なゴールを決めた状態で。

それから今の自分が出来ることを日々実践してみて、1ヶ月2ヶ月と続けていくとまた少しだけ違った景色が見えてくるんだよね。

そんな風に失敗と反省を繰り返して3歩進んで2歩下がるってのが続く日々。

でも、それを続けてると突然フワッと強烈なアイディアが湧いてきたりする訳。

「そうか!こうすればいいんだ!!」「こっちのやり方で行くといいかもしれない!」みたいな。

俺の場合はやり続けてみて、そんなアイディアが自分の中で湧き上がるのを待ってる感覚もどこかにある。

焦らずに、ゆっくりと。

悶々としながらも、とにかくやるべき事を地道にやり続ける。

土台

最終的な目的地があったとしてもいきなりすぐにそこへは絶対に行けないから。

もし仮に行けたとしたら、それはある種ラッキーだけどきっとその場に長く居続ける事は出来ない。

今の悩みは悩むべくして悩んでるはずだし、そこで一つ一つ解決して、地に足を着けて成長していかないと、いきなりてっぺんに行ってしまった時のそのスピード感に自分の体も心も追いつかないと思うんだよね。

だから、「悩む」ってのは決して悪い事じゃないと俺は思ってる。

大きなビルを建てるにも、立派な家を建てるにも。

全ての始まりは基礎工事。

ここがぐらついてちゃ元も子もない。

だから、自分のレベルを上げていくためなら俺はいくらでも悩むよ。

どんな基礎工事だってやってやる。

そんな感じだな。

 

life is freedom…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です