いつも心に【危機感】を。人を突き動かすのは常に危機感であるということ。

今が安定していれば。

一見そのままでいいと思うかもしれない。

でも、それは違う。

 

いつ、何が起こるかはわからない。

 

今に満足していなくて。

どうにか現状を変えたい。

そう思っている人は、2種類のタイプに分かれるだろう。

 

自分の未来を変えるために。

  • 行動している人
  • 行動していない人

この2種類に。

 

では。

行動するまでの経過や感情、状況や気持ちといった部分で何が違うのか。

 

それは。

【危機感】だろうと思う。

 

  • このままじゃダメだ
  • どうにかしないとまずい
  • マジでヤバい
  • メシが食えない
  • 稼げない
  • 養えない

などなど。

 

その比重は様々だろうが。

結局のところ。

ほとんどの人は、この危機感によって追い込まれないと行動できない。

 

あらかじめ。

あらゆる状況を想定して、危機に陥る前に行動するという事が苦手な人がほとんどだ。

 

危機に陥る直前でようやく動き出す。

これでなんとかなればいいし、何とかならない事もあるだろう。

 

だからこそ。

危機感をどこまで感じているかによって行動するスピードに差が出る。

 

常に感じている人は動きが早い。

実際の危機に鈍感な人は動きが遅い。

 

実際、これはかなり大きな差だ。

 

そこで。

日頃から有効な手段として。

【危機感】という物を常に頭の片隅に置いておく事をオススメする。

 

常に満足する事なく。

  • ヤバい
  • このままじゃダメだ
  • もっともっと

などなど。

1年後、3年後、10年後に今のままじゃヤバいなとイメージする事。

 

俺は、胸の片隅にこの【危機感】という物が意識的に存在させている。

それがエネルギー源になっている事も多分にある。

 

危機感があまりに大きくなりすぎても困るのだが。

上手く付き合いながら、自分のスイッチとして使う事ができれば。

行動するのはそんなに難しくない。

 

だから今日も。

今の自分にできる事を全てやる。

 

いつも心に【危機感】を。

 

life is freedom…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です