点と点は線になる。自分の目で見て、肌で感じることで見えてくる「自分のやりたいこと」。


やりたいことが見つからない。

何がしたいかわからない。

こんなワードを聞く事も多く、話を聞きながら一緒に悩んでみたりする。

でもあなたの悩みや、やりたい事は正直俺にはわからない。

あなたにしかわからない。

逆に言えば、あなただけが知っているんだ。

環境

生きていれば日々、誰にとっても同じ時間が流れる。

その時間をどう使おうが自分の自由だ。

この日本という恵まれた環境で生きるなら、なおさら自由だ。

先人の日本人たちが築き上げてきてくれた礎の上に生きてるから、諸々至らない事はあったとしても、他のどこの国に比べてもやっぱり日本は恵まれている。

「やりたい事」を探せるというのは素晴らしい事だ。

どこぞやの貧しいと言われる国々の人たちからしたら日本人は贅沢すぎる生活を送っている。

明日生きるのも必死な彼らからしたら、同じ必死でも見え方や感じ方は全く違うと思う。

今の環境

それでも、今の置かれた環境が当たり前に思ってしまうと、そんな風には思えない。

外に出てみなければそんなことは知らないし、自分の目で見て経験しなければ外野が何を言ったところで響かない。

もちろん人にも寄ると思うけど、人間なんてそんなもん。

だからこそ色々な物事を知ることも重要で、見て、聞いて、肌で感じることが何よりも重要だろうと思う。

印象的な出来事が増えれば増えただけ、自分の中で記憶として残り蓄積されていく。

その蓄積されたもの同士が、ある時ひょんなことから繋がった時に、自分の中で初めてイメージが湧く。

映像として浮かび上がり、自分の心が「面白そう」と感じ、「ワクワク」してくる。

点と点がつながるというのはそんな時だ。

今経験したことが、すぐに生きるわけではない。

昨日ネットで見たあの情報が頭の中に残ったとして、3年後にその状況に出くわした時に初めて「あっ、これ。いつだったかネットで見た状況。。」となる。

目で見て、体感することで生の情報として残る。

それを続けていった時に、それらが線になってつながるときがくるんだ。

だからこそ、その線を増やせるように点も増やしたほうがいい。

まとめ

これが、きっとあなたにとっての「やりたいこと」へのヒントとなってくれるはず。

無理に探す必要もない。

どちらかというと思い出す感覚に近い。

掘り起こす感覚に近い。

自分の心で感じた出来事こそが、心に残り続ける。

それらがいつか、自分の未来を変えていくかもしれない。

その事を意識しながら、日々の時間を使ってみるといいと思う。

life is freedom…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です