吉本芸人、教師になる。

うちのお客さんでね、すごく面白い経歴を持っていて、ピカイチに光る生き様を見せつけてくれる子がいるんだけど。

是非とも紹介したいと思ったから今日はその子について書いてみるね。

特異な過去

彼が一番最初にフリーダムに来た時の事は正直あんまりよく覚えてないんだけど。。笑

でも話せば話すほど面白くて、彼の人柄に引き込まれる俺がいたんだよね。

まぁ、その当時の彼は大学生でさ。

「教師目指してます!!」って日々頑張ってて。

でもどこか彼の持つ感性に興味が湧いて、色々トークを重ねていくうちに話は彼の特異な過去に遡っていくことになるんだけど。

異国風な吉本芸人

その彼の名は「ゆういち」くんって言うんだ。

普段接してる時はあんまりそうは思わないんだけど、写真やらで見るとやたらと韓国人とかタイ、フィリピン人に見える場面が多発する独特なゆういちくん。。笑

実際に何度か海外を旅していても、日本人には見られずに韓国人だと思われて話しかけられたりって事が数多くあるって言うなんとも不思議ナイスガイ。

そんなゆういちくんの何が面白いってまずは「吉本芸人」だったって言う肩書き。

挑戦と天狗

動画でも語ってるんだけど、吉本の時の話なんかは本当に面白くて、実際にNSCって言う吉本の養成所に入って「お笑いという戦場」に挑むわけよね。

NSCでは週に1回「ネタ見せ」って時間があって、その都度ランキングが発表されて毎週更新されていくらしいんだけど、そこで彼のセンスが爆発して最初はいきなりトップに躍り出て、周りもゆういちくんの才能にビビる。。

でもそれからも彼らしいのが、そこで天狗になって「俺は面白いんだ!」と思い込みネタ作りをサボる。

そうすると気が付いた時にはあっという間に周りに追い越されていき、気付いた時には時すでに遅し。。

「努力と才能」の力を痛感して、目の前で颯爽と同期の「8.6秒バズーカー」が売れていくのを見てるしかないんだ。

NSCを卒業した後は、「トリオ」として活動に専念。

「チケット代」でお金を頂く「プロ」として劇場の舞台に立つ日々。

俺からしたらこれだけでも凄い事だと思うんだけどさ。

で、「トリオ」で「キングオブコント」に挑もうとするんだけど、トリオ仲が悪く喧嘩の嵐。

歯車がうまく噛み合わずに「お笑いの世界」を諦める。。

目標

そんな時に出会ったのが「暗殺教室」という漫画。

ゆういちくんはそれを見て一瞬で人生が決まった。

「俺は教師になる。」

「吉本時代に培った面白さと、悔しさをバネに。最高に面白くて最強に楽しい先生になろう」

そう思ったゆういちくんは大学に入るために猛勉強。

その後、晴れて無事に大学に入学して、4年間必死で勉強。

学校が始まる前に登校し、自ら「0時限」という皆が来る前に自習をするというマイルールを作り、教わったことをどうすれば「オリジナル」にしながら楽しく人に伝えることができるだろうかと考え続けた。

教師

そして今。

彼は教師になった。

聞いてると、ちょいと面白い校風な学校。

まさに「ゆういちくんにピッタリ」な学校だなーって思う。

そしてまだ1ヶ月だと言うのに、彼の意欲と努力には驚かされる。

芸人時代の悔しさを糧にしながら、着実に前に進んでいる彼を見ていると、素直に応援したくなる。

ってことで、俺は彼にお願いをした。

「語りBAR freedom」の準レギュラーとして、あなたの成長を追わせてくれと。。笑

快く「是非!よろしくお願いします!」と承諾してくれたゆういちくん。

どんな姿になろうとも、彼の今後に期待だね。

life is freedom…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です