自分が雑魚だと自覚する。全てはそこから始まっていく。


俺は何者でもない。

そんな奴が「自分史上最強に高い壁」を超えていくには、なりふり構わずただやれる事をやるしかない。

思いつく全てのことをやるしかない。

じゃあ、何故それをするのか?

「やりたいと思ったから」。

これしかない。

いちいち理由や意味を持たせることは、後になればいくらでもできる。

でも、一番最初の動機はいつもそんなもん。

憧れ

サッカー選手になりたいと思った時は「カズに憧れて」。

パティシエになりたいと思った時は「ドラマに憧れて」。

美容師になりたいと思った時は「キムタクに憧れて」。

店を出そうと思った時は「好きなように出来ることに憧れて」。

革製品を作り出した時は「職人に憧れて」。

そして今、本を出したいと思ったのは「高橋歩に憧れて」。

目的

自分が今、頑張っていることや目指している場所が果たして正しいのか。

そんなことをして意味があるのか、それでメシは食えるのか。

そんな事をふと考える瞬間がある。

やり始めれば始めるほど考える。

そんな時こそ、原点に帰り、自分の感覚を信じる。

「やりたい」と思ったからやる。

それだけなんだ。

他に理由はいらない。

リスペクト

その世界で成功している人たちを見ると、「すごいなー」という目で見る。

高いとこにいる人ほどそう見える。

あの手、この手でなんとかそこに追いつこうと頑張れば頑張るほど、その差を感じるんだ。

そして、それ以外にも自分より凄い人なんて五万といる。

そんな事を考え始めると絶望感さえ漂い始める。

一番最初の心に浮かんだ「やりたい」気持ちが霞みそうになる。

自分が誰よりも「雑魚」だという事を思い知る。

今現在底辺にいるのなら、あとはもう上がるしかないのだから。

凡人・変人・奇人・偉人

でもさ、坂本龍馬や織田信長、ウォルト・ディズニーも孫正義も。

スティーブ・ジョブズや吉田松陰。松本人志に高橋歩も、カズもキムタクも、イチローも中田英寿も。

俺の好きな偉人たちは皆ある意味で変人で奇人だけど。

始まりは皆凡人。

生まれた時は皆ベイビー。

スタートは皆同じなんだ。

大事なことは、「圧倒的にやり続ける」こと。

どうすれば目的地に近づけるのかを考えながら、実践し続けること。

人が寝てる間にどれだけやっているか。

そのことだけは深く自分の胸に突き刺して日々を生きている。

オンリーワン

そして「自分はここにしかいない」って事。

俺自身はここにしかいない。

他の誰にもなれない。

誰かの人生を生きてる訳でもない。

俺は俺の人生を生きている。

だからこそ、やれることがあるはずだ。

そうやっていつも奮い立たせている。

まるでジェットコースターのように、モチベーションのウェーブが襲ってくるけど、なんとか飲み込まれないように、その波を必死に乗りこなす。

どうにか目指すべき場所に辿り着けるように。

今も、自分と戦っている。

 

 

life is freedom…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です