人生はサバイバル。そこにビビってたらきっと成長はできない。

最初から上手くいく人なんていない。

器用に物事の問題を乗り越えていそうに見えても、実はそうでもなかったりするもんで。

何事にも少々器用であればある程度のステージには立てる。

でも、その器用さだけではそのステージのさらに上には行けない。

そこから先はやはり努力を重ねるしかない。

最初から不器用な人はその倍やるしかない。

悲しいようだけど、それもある意味では運命。

間違った努力でも、正しい努力でも。

デジタルでも、アナログでも。

結局は自分次第なんだ。

危機感

現状から脱しようという強い危機感がないと人は動かない。

この先どうなるのかという不安であったり。

そういった悩みを持つのは皆同じ。

じゃあ、自分の未来・将来が変わる瞬間は一体なんなのか?

答えは一つしかない。

「やるか、やらないか。」

これは自然界で言うなら。

「食うか、食われるか。」

この二つ。

俺は同じ意味だと思ってる。

現状でいいならそれでいいと思う。

無理に変わる必要もないし、ポリシーを持ってその場に居続ける人の気持ちも痛いほどわかる。

サバイバル

やりたい事、あるいは好きな事をやっていて「毎日楽しそうだなー」って思える人でも、そういったある種の危機感であったり、不安、恐怖といった感情は確実にある。

どこかで何者かに食われるかもしれないというビビり。

時代の先を走ってる人は時代に食われる。

流行の先端を言ってる人は流行に食われる。

常にトップで居続けるために知恵を絞り、生き残るために全てを賭け、いつの時も考えている。

その中でも、「本物」と言われる人たちだけが、そのフィールドで「生き続ける」んだ。

時代が襲いかかろうと、流行にいくら先を越されようと。

そんな事は関係ない。

俺はいつでもここにいる。

そういう人が「本物」なのかと思う。

それは時代や環境といったことではなく、心の話。

己の「武器」とはなんぞや?

己の「成長」とはなんぞや?

己の「本物」とはなんぞや?

 

life is freedom…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です